教材の紹介

すららのご紹介

当塾では、PCを使用した学習教材「すらら」を活用しています。
ゲーム感覚で学習できる対話型のデジタル教材がすららです。
近年ではあらゆるデジタル教材が普及していますが、すららはそのどれとも違う新しいタイプの教材です。
teachingmaterial

他のデジタル教材との違い

動画配信教材との違い

都内などで有名なカリスマ系の講師の動画を閲覧するタイプの教材です。
理解はしやすい傾向にありますが、繰り返し学習する習慣が身に付きにくいため、しっかり理解する事が難しいかもしれません。
一方通行の説明が続くため、初めから勉強する意欲が高い生徒さんには向いていますが、そうでない生徒さんにだと長続きしない傾向にあります。

すららでは、どんな生徒さんでもやる気とモチベーションを保ちつつ集中して勉強に取り組めるようにあらゆる工夫がされています。
効果音やキャラクターの対話など、ゲーム感覚で学習できるためどんどん集中していけます!

問題集教材との違い

パソコンの画面で問題をたくさん解いて学習するタイプの教材です。
繰り返し勉強するので、しっかりした理解、学習の定着がしやすい教材です。

その反面、わからない箇所は自力で解決しなくてはなりません。
自分一人で理解できる生徒さんは向いていますが自力で理解できない生徒さんには不向きな教材です。
もともとの学力がある程度そなわっていないと、一人で勉強していく事が難しいケースも。

すららは生徒一人一人のオーダーメイドのカリキュラムを作成。
わからない所をしっかり診断し理解できるように学習できます。
また、試験でやる問題を何度も反復して学習する事で理解と定着を両立させてる教材です。

ゲーム教材との違い

スマホのアプリのように、ゲーム感覚で学習できる教材です。
教材の中では一番楽しく学ぶことができる反面、単調な暗記系の学習が中心の教材です。

複雑な理解や定着がしにくいだけでなく、スマホのアプリ感覚が強いので他のアプリに埋もれて勉強しなくなってしまいます。
「机に向かって勉強をする」といった意識がなくなる分、あらゆる環境でも高い意識を持ち続けられる生徒でないと長続きしにくい教材です。

すららではあらゆる世界観で飽きずに楽しくゲーム感覚で勉強できますが、モチベーションを高く保ち学習できるような多くの工夫が施されています。

学習状況をリアルタイムで把握できるシステムや過去のデータ蓄積による弱点部分の克服、豊富なイベントなどすららは単純なゲーム型の教材とは異なります。